国内旅行業務取扱管理者試験内容

公開日: : 未分類

国内旅行業務取扱管理者試験は毎年一回実施される試験で、学歴不問で受験できる数少ない資格の一つです。資格試験合格を目指すために、通信教育や専門学校を活用する人もいます。旅行に関する幅広い知識が必要になる資格ですが、旅行会社への転職に有利に活用できる資格だけに人気が高い資格試験となっています。この国内旅行業務取扱管理者試験を受験しようと考えている人であれば、試験内容がどのようなものかに関心を持たれることでしょう。

国内旅行業務取扱管理者試験は、主に3つの分野にわかれています。1.旅行業法に関する設問、2.国内旅行業約款に関する設問、3.実務に関する設問です。旅行業法に関する設問では、法的な知識を問う内容となっており、比較的簡単な設問となっています。合格を目指すには、この設問でほぼ満点を取るようにすることを目指してください。次に約款は、国内旅行に関する具体的な約束事が記されているため覚える項目が多く、難易度が高い設問です。できるだけ暗記をするようにしましょう。

そして実務に関する設問は、正答率が最も低い項目となっています。その理由は運賃計算が関係しているからです。JRの運賃計算は複雑で、新幹線や特急を利用した場合、さらには乗車距離によっても運賃が異なります。割引制度が複雑に設定されているため、JR職員でもすべての内容に精通できているわけではないこともあり、難易度の高さが分かります。合格のポイントは運賃計算を繰り返し行ない、計算方法に慣れておくことです。

関連記事

no image

国内旅行業務取扱管理者求人を探すポイント

国内旅行業務取扱管理者資格は、旅行会社への転職で有利に活用できる資格です。国内旅行業務を取り扱う旅行

記事を読む

no image

国内旅行業務取扱管理者資格は給料に影響を与えるか

旅行代理店に勤務する際に、国内旅行業務取扱管理者資格を取得しておくことが勧められます。その理由の一つ

記事を読む

no image
国内旅行業務取扱管理者試験内容

国内旅行業務取扱管理者試験は毎年一回実施される試験で、学歴不問で受験で

no image
国内旅行業務取扱管理者求人を探すポイント

国内旅行業務取扱管理者資格は、旅行会社への転職で有利に活用できる資格で

no image
国内旅行業務取扱管理者資格は給料に影響を与えるか

旅行代理店に勤務する際に、国内旅行業務取扱管理者資格を取得しておくこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑