国内旅行業務取扱管理者資格は就職に有利か

人気急上昇中の資格の一つが、国内旅行業務取扱管理者です。就職の際に有利に活用できるかも知れないと考えて、国内旅行業務取扱管理者資格の取得を目指す人も少なくありません。実際に、これは旅行代理店への就職の道が開かれるだけでなく、自分で旅行代理店を開業する際にも役立つ資格です。さらに旅行代理店を経営してみたいと考えている人にもおすすめの資格が、国内旅行業務取扱管理者資格です。この資格がなくても旅行代理店に就職することは可能ですが、ツアーなどの企画には参加することができないため、あった方が良い資格といえます。

旅行業法では、国内旅行を取り扱う旅行代理店は必ず一人以上の有資格者を配置することが義務付けられています。旅行代理店によっては複数名の有資格者を配置して、様々なツアー商品の企画や開発を行なっている会社もあります。ですから、国内旅行業務取扱管理者資格は旅行代理店への就職で有利に活用できる資格と言えるのです。

そして個人で旅行代理店を運営したいと考えている場合にも、国内旅行業務取扱管理者資格は必須です。旅行好きが高じて旅行代理店を開くようになった人もいますが、まずは国内旅行業務取扱管理者資格を取得してから、代理店を開設するようにしています。旅行代理店勤務だった人が独立する際にも、この資格は必要です。特に新たに代理店を開業する場合には、国内旅行業務取扱管理者資格を持つ人を募集する場合が多く、そうした点でも就職の際に有利に活用できる資格だと言えます。

⇒国内旅行業務取扱管理者資格は給料に影響を与えるか

>>旅行業務取扱管理者に独学で合格できるって本当?<<


公開日:
最終更新日:2015/07/27

no image
国内旅行業務取扱管理者試験内容

国内旅行業務取扱管理者試験は毎年一回実施される試験で、学歴不問で受験で

no image
国内旅行業務取扱管理者求人を探すポイント

国内旅行業務取扱管理者資格は、旅行会社への転職で有利に活用できる資格で

no image
国内旅行業務取扱管理者資格は給料に影響を与えるか

旅行代理店に勤務する際に、国内旅行業務取扱管理者資格を取得しておくこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑